スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ : 
ジャンル: 

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ワンダ

 お久しぶりな機械うさぎです。
 このブログには楽しいことしか書かないと決めているため詳細は省きますが、ええ、なんというか楽しくないことが怒涛のように押し寄せて、なかなか更新ができない状態です。年明けまで更新頻度はものすごく下がると思います。ごめんなさい。
 それはともかく、今日の話題を。


魔法の杖買っちゃったvv


 その電話が来た時、機械うさぎはとうとう母の頭が本格的におかしくなったか、とうとう霊感商法に引っかかったのかと思いました(失礼)。

うさぎ「へえ、よかったね。いいんじゃないの?」
母「何、そのすごくどうでも良さそうな反応。あのね、今日イオンに言ったらね、催事場で天然石のフェアやってたの」

 おそらくはパワーストーンとか水晶とか売っていたのだと思われます。

母「そしたら、そこに真鍮のステッキがあってね、ハリーポッターがもってるやつみたいなの」

 年を考えろ。お前、ハリーの三倍近いだろ。

母「真鍮で細かい装飾がびっしり施してある木の杖で、先端にアメジストとか水晶とかの結構いい粒がついているの。格好良くて一目ぼれ。でも、売れ残っていたみたいで」

 当たり前だ

 そういうものが飛ぶように売れる国なんて嫌だ。むしろ売れ残っていてくれてありがとう。まだ日本は終わっていないよ。

母「で、六割引まで交渉して買ったの。その値段になったところで、店の人の顔から血の気が引いたからこれ以上は無理かなと」
うさぎ「うん、ほぼ原価だね

 なんて可哀想な店の人。むしろ、なんて可哀想な父。自分の妻が魔法の杖とか買ってくるなんて。

母「でさ、この杖についてた札に『ワンダ』って書いてあるんだけど、杖の名前かな」
うさぎ「名前もくそもそのままだと思うけど」

 ワンダとは、手品師や魔術師が使う杖のことです。なんでそんなことを知っているかというと、機械うさぎはアマチュアの物書きだからです。
 それを説明すると、

母「え、本当に魔法の杖なの? うわー、なんかテンション下がるわ」
うさぎ「お前、本気で何がしたいんだよ?」

 母の頭の構造は私にはとても理解できません。

 ちなみにその魔法の杖は、行く先々で「すごい、飛ぶの!?」「何かと戦うの!?」「魔王とか倒しちゃうの!?」と大好評だったそうです。ちなみに一番テンションが上がったのは、例の院長先生だとか。
 おい、医者……

スポンサーサイト

テーマ : 
ジャンル: ブログ

2008/12/11 14:59 | 母についてコメント(3)TRACKBACK(0)  TOP

せめて覚えてあげて……

 お久しぶりです。
 内定祝いに、友人からドイツ土産と称して鞭を貰った機械うさぎです。ギャグだったようですが、一瞬、「これでお前を思いきりぶったたけばいいのだろうか」と思ってしまいました。


 それはさておき。
 就職が決まって社会人になる準備をしています。おもに、服をそろえたり、家を探したり。家はまだ決まってません。というか、配属が分からないからな~
 多分、御茶ノ水近辺の地価が安いところ(どこだよ)になりそうです。
 そんな機械うさぎ、コートを買いました。就職活動中に使っていたコートの生地が傷んできたので、スーツ用のトレンチが必要になったんです。で、黒いの買いました。なぜなら黒が好きだから。
 それを親に言ったところ、

母「マフラーはどうするの?」
うさぎ「黒いのがあるけど。飾りないやつ」
母「それじゃあ地味でしょ。うちにベージュのやつあるから、あげるわよ」

 あったか、そんなもん?
 機械うさぎの記憶の中では、母はマフラーをしていない。どっちかというと毛皮を着ている(ストーカーがくれたやつ)。

うさぎ「うん、じゃあ、ありがとう」
母「ちょっと飾りあるけど、会社に入る前に脱いじゃえば平気よ。じゃ、送るわね」



 で、きました。今日。
081124_203401.jpg
 ふりふりしているのは、ちょっとしたフリルがついているからです。
 タグには、「WARMANI J」と書いてあるように見えるんですが、よく分かりません。


 可愛いです。けど、可愛すぎないか!?
 母はもう四捨五入すると50なんですけど……
 お礼の電話がてら、聞く。

母「そういえば、掃除してたら色々出てきたわ。14金のロザリオ(アンティーク)とかいる?」
うさぎ「そんなのあったっけ?」
母「えーと、肉がデートしたときにくれたような…… テディベアと一緒に」
うさぎ「いらん(断言)」
母「可愛いわよ?」
うさぎ「もっと大事にしろよ。お前は貰いものを粗末にし過ぎる」
母「うさぎが物もちが良すぎるのよ。あ、そのマフラーも」

 ……まさか

母「多分、Mr.肉か車屋かどっちかがくれたような

うさぎ「なんてことをしてくれんたんだ!?

怨念とか入ってそうだ

テーマ : 
ジャンル: ブログ

2008/11/24 20:42 | 母についてコメント(4)TRACKBACK(0)  TOP

進化する実家

 最近、父と母が喧嘩をしました。
 原因は、母が

 体長50センチの招き猫を買ってきたため

 いい加減、金色の鏡とか女性の胸像とかバリの神像とかあるのに、なぜそんなものを……
 なんというか、最近、父は偉大だと感じます。ある意味。
 どうでもいい話ですが、現在父はフランスです。学会のために。気がつくと国内外をふらふらしています。


 そういえば、母が仕事を変えたのですが、その仕事先でなぜか店の商品を上司からもらってくるのが不安です。新たなストーカー登場の予感が……その恋愛運を分けてくれ。
 先日は、3万円の毛皮をもらってきました。
 あの……私の仕送り(家賃除く)よりちょい少ないくらいの値段なんですけど……
 

 年末には実家に帰るんですが、どこまで進化してるか大変不安です。
 帰ったら、証拠写真とってきますね。
 ちなみに、母がいらなくなったものを私に送りつけてくるため、最近、機械うさぎ宅が子供部屋化しています。
 それもただの子供部屋じゃなくて、絵本の中の子供部屋。
 木馬とかテディベアとかお人形とか大きな縫いぐるみとか。少なくとも成人している人間の部屋じゃない。そこに学術書が見事なミスマッチ。
 来週あたり、紫色の犬のぬいぐるみ(体長40センチ)がくる予定です。
 部屋が狭くなる……

テーマ : 
ジャンル: ブログ

2008/10/05 23:25 | 母についてコメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

ジェネレーションギャップ

 さて、結構前にオープンした母の店。どうなったかというと――――

客「すごい、こんなの、東京にもないよ!」
客「こういうの、どこで仕入れるんですか?」

 大人気
 地元民ではなく、遠くからの観光客に。

問屋「だから言ってるじゃないですか。お母さんに、この地元は狭すぎるって」

 今回ばかりは、問屋が正しかった。
 母が仕入れた、アンモナイトとかセイウチの牙とか金細工とか使ったアクセサリーは、一部でコアな人気を博し、大変回転率が早かったという。
 それに気分を良くした会社の専務は、

 原石を使った謎のアクセサリーを店の予算八割をつかって勝手に仕入れてきた

 太い鎖から、じゃらじゃらと垂れ下がるごつい石(not宝石)
 うん、あれだね。なんていうか、



 どこの原始人だ!?



母「売れません(正直)」

 時代の先端を行き過ぎている。
 むしろ一万年くらい遅れている
 お前はもう、それつけて槍持ってマンモスでも追いかけろよ。店に来るな。
 心の中だけで、母は思ったという。

専務「売れないものを売るのが売り子の仕事でしょ!?

母「客のニーズを発掘、提供するのが売り子です!

 それはどちらかというと、バイヤーだ。
 だが、少なくとも売り子は売れないものを無理に売りつける詐欺師や、売れないものを売れるものに変える超能力者ではない。
 ここでも新たな敵を産んだ母。
 前回の仕事は、モテて仕事ができることをやっかまれて、ガマ蛙の化身のような副店長に追い出されたんだったな。なぜパートでここまでトラブルが起こせるのか。
 いっそ、清々しい。




 後日
母「ってことがあったの」
うさぎ「はー、石がねえ……」
母「なんか、ゴンみたいな感じだった」
うさぎ「ゴン……? ああ、恐竜の」
母「……ゴンは、原始人よ」

 思考回路
 母にとってのゴン → 原始人
 うさぎの思うゴン → 石頭の恐竜

 ジェネレーションギャップを感じた。
 いまだに、母の言うゴンが何だか分かりません。知っているひとは、ご一報を。

テーマ : 
ジャンル: ブログ

2008/04/29 12:44 | 母についてコメント(6)TRACKBACK(0)  TOP

日本人→外国人

 最近、母がカラーコンタクトを始めた。
 色はグレー。最近会っていないのでどんな姿になっているかは謎だが、まあ似合っているだろうとは思う。母もご機嫌。
 ところが三日後。

 着信音(Coccoの焼け野が原)~♪

うさぎ「はい。も「カラコン止める!!」

 せめて台詞を最後まで言わせてください、母上様。
 数日前とは一点。機嫌の悪そうな口調に首を傾げる。

うさぎ「ああ、カラコン合わなかったの?」

ママ「違う。今日、街でナンパされてさぁ」

 喧嘩を売っているのか? 母よ、私に挑戦しているんだな?
 最後にナンパされたのなんで半年くらい前だよ!!(八つ当たり)

ママ「『Can you speak Japanese?』って声かけられたの!!」

 …………コメント不可!!

うさぎ「ルネサンス系の顔立ちだからねぇ……(遠い目)」

ママ「他にも店にいたら『あの人は日本語喋れるの?』とかいう声も聞こえたし……しかも毎日!!」

うさぎ「あんたは毎日ナンパされてるのかい!!

 外国人に間違われたことより、そっちのほうが問題だ!

ママ「みんな振り返ってみるのよ!」

うさぎ「いつものことじゃん!!

ママ「やっぱり、瞳の色ってインパクトが違うのね……」

 あんたのインパクトはもっと別のところにある。顔とか服とか髪とか服とか服とか……

ママ「私、日本語しか喋れないのに……」

うさぎ「………………駅前留学でもしたら?」


 結局、母はカラコンをやめました。
 ちょっと残念です。
 ランキング参加中
 ぽちっとよろしくお願いしますv
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

テーマ : 
ジャンル: 

2007/04/18 23:06 | 母についてコメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。