スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ : 
ジャンル: 

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

猫がきました

 機械うさぎの実家は荷物の宅配が多い家です。
 なぜなら、うさぎと姉貴が通販好きだったから。とはいえ、どちらも家を出ている現在、届けられる荷物のほとんどが、ヤ○ーとか○マ●ンとかの無害な宅配物ではなく、変な記載がされていたり、聞いたこともない運送会社がもってきたりする、ストーカーからの郵便物なんですが。
 例外はお歳暮時期くらいか。
 そんな日常。いつもどおり、チャイムが鳴ったので母がインターフォンをとると、

女性「お待たせしました。カイ○ズホー●です。お買い上げいただいた、


 アメリカンショートヘアーの子猫をお持ちしました





 ∑( ̄□ ̄;)!?

 注文した覚えがないうえに、うちのマンションペット禁止なんですけど。


母「………………要りません

 ガチャン(通話終了)


 受取拒否



女性「え? え? ●●さーん!!(本名) すみませーん」(チャイム連打)

 母、無視を決め込む。
 かわいそうなホームセンターの店員はしばらく扉を叩いていたが、諦めて退散。
 おそらく一番の被害者は彼女であろう


 後日、再びやってきた○インズ○ームの店員の言葉で、

 勝手に猫を購入して送りつけてきた犯人は車屋のおっさん

 であると判明。
 猫はすみやかに、例の奥さんのところに送られました。


 おろかなる車屋に救いあれ


ランキング参加中
ぽちっとお願いします
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 
ジャンル: ブログ

2008/09/01 18:28 | 車屋コメント(3)TRACKBACK(0)  TOP

宣言しよう あなた方は似たもの同士だと!!

 先日、車屋の社長が入院しました。まだ詳細を読んでいないひとはこちらを先にどうぞ。

 ぼこられた

 「死んだ」と言っていた妻に、ぼこぼこになるまで殴られて入院したおっさん(実のところ、妻は幽霊ではなく別居していただけで、普通に生きていた)。その後、実はこんなことがありました。
 あれからぱったりと電話がかかってこなくなった、車屋の社長。
 ある日、冬用の車のタイヤを買おうと思った母。いつものように、車屋に電話すると、なぜかその日に限って出てきたのは奥さん。
 奥さん。

 社長をぼこぼこにした、あの奥さん

 彼女は相手が母であると分かると、こういいました。






奥さん「主人は、先週心臓麻痺で亡くなりました

 お客様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ないと思っております。別のものを代わりに担当にいたしますので、今後ともご贔屓にお願いします」

 唖然。
 まさか、いい加減いい年してるのに妻にぼこぼこにされて入院したから?
 つまり間接的に私のせい? いや、まさか奥さんに殴り殺されたんじゃ…… 嫌な想像が頭をぐるぐる回りながら、母は電話を切った。
 なんか、死んだり不幸になったりするストーカーが多すぎない? まさか私を好きになると不幸になるのか? と、母=不幸を呼ぶ女説まで浮上。延々と悩んでいた。
 だが、運命と喜劇の神はそこまで非情ではなかった。












 二ヵ月後

 一本の電話がかかってきた。表示されたのは車屋の番号。支払いのことでなにかあったのかと電話に出ると、

社長「……お久しぶりです」


 死んだはずの人間から電話がかかってきた


母「…………お亡くなりになったと伺っていたのですが」

社長「ええ!? いったい誰がどうしてそんな嘘を!?


 その言葉、お前にそっくりそのまま返してやるよ

 奥さん、死んだんじゃなかったんかい。
 あまりのことに声も出ない母。薄々予測がついていた機械うさぎは、やはり自分の予想は正しかったのだと感じた。
 社長、奥さん……あんたら、行動パターンが同じだよ
 その後、車屋の社長は懲りずに母に冬用タイヤ(30万相当)をプレゼントしたそうです。世の中、間違っている。


ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

テーマ : 
ジャンル: ブログ

2008/02/09 17:55 | 車屋コメント(5)TRACKBACK(0)  TOP

ぼこられた

 あけましておめでとう御座います。
 今年もこのブログと機械うさぎと機械ウサギをとりまく人々を生暖かい目で見守ってください。なにとぞ、よろしくお願いします。
 さて、新年早々、ブラックな話題からどうぞ。




 修羅場
 阿修羅王が帝釈天と戦う場所。転じて、血なまぐさい戦乱、または激しい闘争の行われる場所。現代的意味においては、男女の痴情のもつれの現場を指すことも多い。
 DV
 ドメスティックバイオレンス。日本では、家庭内暴力と訳されることが多い。家庭内での暴力行為、虐待。多くは夫が妻や子供に対して行ったり、子供が親に対して行う。



 車屋の社長が入院しました


 肋骨の損傷などで全治1ヶ月。
 原因は交通事故……ではなくて、

 機械うさぎ母に車用品や貴金属など100万円相当を貢いでいたことが、

 別居中の妻

 に発覚し、大喧嘩の末、妻にぼこぼこにされて救急車で運ばれたということです。あほすぎて声も出ませんでした。というか、社長「妻は死んだ」とか言ってたはずなんですけど、めっちゃ生きてるじゃん。それともあれですか。アンタは幽霊にぼこぼこにされて入院したんですか?
 修羅場の末のDV
 しかも妻が夫を病院送り。奥さんは格闘技でもやっているのでしょうか。そして、とめろや、息子。
 また一人、ストーカー減りそうです。

テーマ : 
ジャンル: ブログ

2008/01/05 21:14 | 車屋コメント(3)TRACKBACK(0)  TOP

素敵な昼食2

 突然ですが、軽井沢という地名をご存知でしょうか?
 長野県南部にある標高が高い地域で、夏とても涼しいため、避暑地として有名です。多くの別荘が建つ観光地で、緑が多く町全体が不思議な空気をもっています。
 機械うさぎも遠足で行ったことがありますが、薄い霧が立ち込めた街はどこか不思議な感じがして、特に旧市街は素敵でした。


 さてこれでなんとなく想像が付くと思いますが、軽井沢という土地は別荘地です。別荘とは大概の場合、お金をもつ人たちのものです。故に、それらの人が落とす金目当てに、軽い沢には隠れた名レストランや様々な装飾品を扱うショップが沢山あります。
 そこに母は社長に連れて行かれたそうです。遠いのに、わざわざ高速まで使って。

 理由は、フレンチの昼食を食べるため

 喧嘩売ってるのか? このやろう(笑顔)

 店に入った瞬間、スタッフの動きが慌しくなり、シェフが厨房から登場。

シェフ「ようこそ、○○様。いつもありがとう御座います」

 常連客!?
 母、びびりまくる。ちなみにこの店のシェフは女性だったとのこと。とりあえず、礼儀正しく挨拶。

シェフ「どうぞゆっくりしていってください。それにしても、素敵な装いですね。上から下まで完璧です
社長「…………」

 どうやら女性の衣装に関しては疎いらしく、動きを止める社長。感激したシェフは母を褒めちぎる。ちなみに本日の格好は、黒いロングスカートに白のフリルシャツ、黒い上着とレースの飾りベルト。どれも凝った装飾のついた一品。

社長「……えーと、今日の服変わってますね。そういうの、流行ってるんですか?」

 流行ってねえよ

 周囲の人間の服装を見れば、およその流行くらい分かるはずなのだが。この社長、本当にファッション関係は駄目なようだ。
 料理は、ランチのくせにコースになっていた。前菜に始まり、次々と料理が運ばれてくる。しかも、一番高い料理。母は食べきれず残したらしい。なんて勿体無い。
 それを聞いた機械うさぎは「なんで『小食なので量の少ないコースにしてください』って言わなかったのさぁ」とあきれ返った。高級食材が勿体無い。
 そして本日のランチ料金、一人当たり


 50,000円



 氏ね 成金

ランキング参加中 よろしくお願いします
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

テーマ : 
ジャンル: ブログ

2007/11/09 21:03 | 車屋コメント(3)TRACKBACK(0)  TOP

素敵な昼食1

 この前、車関係30万貢いだ社長と、母は最近メル友状態です。というか、うっかり教えたアドレスに毎日朝6時にメールが来ます
 新タイプ、モーニングメール
 ただし、ゆっくり寝ていたい日にもやってくる。そろそろ父が怒りしんとうに達したらしく、「うるさい! 毎朝誰だ!?」と怒られたとか。なぜこの人(父)は、母の異様な周辺状況に気づかないのだろう。そして母は、何で同じ過ちを繰り返すのか。
 今までの例を見れば、面倒な事態になることくらい分かるだろうに。


 そして毎日昼食の誘い。

 アンタはそんな孤独な昼食を過ごしているのか

 昼食時間も立派な人脈作りだろうが。もっと建設的な人脈を作れ、茶長(機械うさぎ心の叫び)
 この前、根負けしてとうとう食事に行ったそうです。

 ランチ 19,800円

 そんな高いランチ、初めて聞いたよ。

テーマ : 
ジャンル: 

2007/11/04 22:23 | 車屋コメント(5)TRACKBACK(1)  TOP

 | ブログTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。