スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ : 
ジャンル: 

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

機械うさぎについて

 母にブログのことを話したところ、
「私だけ私生活暴露されるのは不公平だわ」
 と言われました。
 というわけで、少しは機械うさぎのことでも書こうかと思います。

 機械うさぎは現役女子大生で、一言で言うとオタクです。
 活字中毒で、本をまったく読まないと二日目でイライラしだします。
 服はどこまでも黒く、高校時代のひそかな呼び名(でも、本人にバレバレ)は、「黒い人」「黒服」「喪服女」「シスター」「マトリックス(おそらく、冬場はロングコートで登校していたため。私服校だった)」でした。
 愛想はなく(軽度の対人恐怖症のため)、友達がそれほどいなかったため、誤解も多い日常です(今でも)。
 それを物語るもっとも有名なエピソードは高校2年のある日、部活説明会のため、機械うさぎは指定箇所のブースで本を読みながら、回ってくる一年生の相手をしていました。
 機械うさぎは文芸部、隣は漫画研究会。
 似たもの同士、無理に勧誘をするでもなく、まったりしていると、

漫画研究会(こそこそ)

うさぎ「??」

漫画研究会「じゃんけんぽん!」

 なんか隣でじゃんけんをしている。
 丁度ひとも途切れたし、ジュースの買出しのじゃんけんでもしてるのかな、とか思ってると、負けた子が頭を抱えているのが見えた。
 機械うさぎの高校は売店がないので(自販機はある)、外のコンビニまで買出しにいかないといけない。
 気の毒に思っていると、

 なぜか負けた生徒がまっすぐこっちに歩いてきます

 その時、部長は留守。他の部員は掛け持ちの部活に行っていて、ブースには機械うさぎしかしませんでした。
 そこにまっすぐに人が歩いていきます。
 無料配布してる冊子がほしいのかな? と機械うさぎが読みかけの本を置いて顔を上げると、

部員「…………」

うさぎ「なに?」

 愛想のカケラもないのは、他人に側に寄られると、自動的に警戒するからです。嫌いなわけではありません。
 ついでに当時の格好は全身黒ずくめ&シルバーアクセサリーがデフォルトでした。

うさぎ「あ、ひょっとして何かおいてあるものとか邪魔だった?」

 多分、同級生(見覚えがあった)だと思ってため口で話すと、なぜか息を呑まれる
 相手が返事をしないので困り始めたころ、

部員「あの……」

うさぎ「え……?」

部員「名前を教えてください!!

 下手な「好きです、付き合ってください」より気合が入っていた。
 唖然とする機械うさぎ。
 とりあえず、断る理由もないので名前を教えてやる。
 聞き終わった部員は、速攻で自分のブースに戻っていった
 繰り返すが、ブースは隣同士。
 距離にして数メートル。
 要するに会話筒抜け。

戻った部員「名前、×××××だって」
他の部員 「へえ、そうだったんだ」

 なるほど、要するに

 じゃんけんで私の名前を聞きに行くひとを決めていたわけですね

 なんか猛獣に肉を上げる罰ゲームみたいでした。
 少し泣きたくなりました。
 今でも多くの人の認識は変わらないらしく、現在仲のいいひとからも、
「××さんに声かけるの、勇気がいったよ」
「ずっと話してみたかったんだけど、勇気がでなくて。だから●●ちゃん(共通知人)に紹介してもらえて、ほっとしたの」
「××って話しかけづらいよね」

 私ってなに……?


同情したら、押してください
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/28 18:14 | 家族の話コメント(2)TRACKBACK(0)  TOP

帰ってきた局長

(これまでのお話)
 食用として、ロマンスから母へ贈られた合鴨は、そのまま返品され、座敷鴨としてロマンスが飼うことに。
 その元・食用の鴨、その名も局長がいなくなった。そして、


 朝8時。
 平日の学校ある日なら、完璧に遅刻するこの時間、でも休日の機械うさぎにはまだまだ夢の中の時間、大音量で「一輪の花」が鳴り響き、機械うさぎは強制的に夢世界から引き上げられました。
 今度からはもっとゆっくり起きれるように、柔らかい曲にしようと思っています。
 それはさておき、電話に出ると、

ママ「局長かえってきたって」

 帰ってきたのかよ!?

 正直、一晩持たずに犬とか子どもとかにやられてると思っていました。

うさぎ「どっかで保護されたの?」

ママ「ううん。ロマンスが出勤しようと家出たら、とことこと歩いて奇譚だって」

 へえー…………歩いて?!

ママ「すごいね、帰巣本能って」

うさぎ「すごいというか……一晩どこにいたんだよ!? あの交通量の多い地域で!!」

 しかも確かあの辺は、小学校+犬の散歩コース+教習所練習コースという危険地帯。
 よくもあの危機感のない生物が生還できたものだ。

ママ「ロマンスがすごく感動しちゃって……正直、ウザイんだけど」

うさぎ「あっさり言うね!!」

 ああ報われない。
 報われないよ、ロマンス。
 報われたいなら、とっくにやめてるだろうけど。


 最近、ロマンス以外のストーカーからは、立て続けに20件、着信履歴が残っていたりと、普通にストーカーされているそうです。
 ランキング参加中
 こちらもよろしく
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/26 18:33 | ロマンスコメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

局長の家出

 覚えているでしょうか。彼のことを。
 ぐるぐる巻きになって家に送られてきた合鴨食用
 *食料・食料Ⅱを参照
 その後送り返されて、名前が「鴨さん」→「芹沢さん」→「局長」となった合鴨(元食用)
 そして、今は食料にされる危機を脱して座敷合鴨となっている局長。


 小春日和のある日、母は電話でたたき起こされました。

ママ「……はい?」

ロマンス「局長がいない!

 一瞬、なにをとち狂ってるんだ? と思った後、それが合鴨の名前だったと思い出す。
 鴨の局長。
 なんか間抜け。

ロマンス「僕のせいだ! 局長は、いつも僕の後ろをついて回っていたから……ガーデニングの最中にちょっと目を離したらいなくなってしまったんだ!!」

 ついてまわる……すでにすり込みの時期はすぎているはずだが。
 どうやら、合鴨というものは思っていた以上に人懐っこいらしい。

ロマンス「どうしよう!? この辺車が多いのに」

 ちなみに、局長は飛べません

 もともと食用なので羽を切ってある上、美味しくいただくためにぶりぶりに太っているからです。
 まかり間違っても空は飛べません。
 すなわち、それはあの田舎にしてはかなり道幅の大きい地帯を、まるまると太った鴨が歩いているということです。

 まさしく、鴨が葱を背負ってやってくる状態

 この返事はただちに、機械うさぎにも伝わりました。
 うららかな小春日和。
 正午まで惰眠を貪ろうとしていたうさぎは、Coccoの樹海の糸で飛び起きました。
 あの着信音は心臓に悪いことが分かったので、もっと穏やかな曲に変えようかと思っています。

ママ「……というわけなんだけど」

うさぎ「うーん、もう帰ってこないんじゃない?

 普通に考えて、地面を歩く丸々とした合鴨がすぐに戻ってこられるほど、人間界も自然も甘くはない。
 さて、どうなるかな。

≪続くよ≫


最近、来客数とランキングは必ずしも比例しないと気づいた
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/25 20:48 | ロマンスコメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

さようなら Mr.肉~

 とうとうこの日が来てしまいました。
 母の元からストーカーがひとり去って逝きました。実のところ、二人はほとんど去ったも当然なので、これで一気に寂しくなります。
 さようなら、Mr.肉
 君の事結構好きだったよ。
 ブログ作った途端、おとなしくなりやがってとか思っていたけど、本格的に去られるとなると悲しいよ。
 いなくなって分かる、あのひとの大切さ。
 そうだね、このブログの初めを支えてくれたのは君だったね。
 ありがとう、肉……

 機械うさぎとしても残念でたまりません。
 惜しいひとをなくしました……(すでに死んだような扱い)
 でも、私たちにはまだロマンスがいます。彼に期待しましょう。


 彼になにがあったのか……
 それはある日のこと。
 いつものように宅急便で荷物が着ました。

 本物のペルシャ絨毯が

 小さいものですが、おそらく値段は10万強。
 そして、これが問題。
 贈り主は、Mr.肉
 ロマンスたちと違って、ただの会社員にすぎない男です。
 母はキレました。
 母のキレどころは、20年ほど付き合ってきている娘の目から見てもいまだに謎なんですが、何かが母の気に障ってしまったようです。
 そう、母はおかしい。
 なんというか、その相手がそぐわないことをするのが嫌いなんですよ。
 そして、母は

ママ「肉! ちょっと着なさい。すぐに!!」

 きれまくりながら電話をかけ、Mr.肉を呼び出して絨毯を突き返しました。

ママ「分不相応なことをするんじゃない! 他にお金の使い方あるでしょ!? 二度とこんなことしないで! したら今度こそ通報するよ!!」

 ブチ切れ母に、Mr.肉は完全に怯えていたそうです。
 そのあと、一度もメールは着ていません。
 電話も着ていません。
 手紙も着ていません。
 これはもう無理でしょう。
 でもなんていうか……

 ちょっと可哀想なのは私だけ?

 母は怖いです。怒ると。
 一度怒ると、どんな言い訳をしても、正統なことを言っても余計に怒ります。言い訳とか嘘を言うと、「嘘をつく人が一番嫌いだ」とキレ、きちんと説明すると「生意気だ」とキレます。
 どうしろっていうんだよ!?
 その本気で血の気が引いていく説教を体験することになった肉には、ストーカーとはいえ、同情を禁じえません。
 本当に血の気が引く、悪寒がするときって、さあーと冷たくなるのが自分でも分かるんですよ。
 頭は真っ白になるし、指先は震えてできることもできなくなるし、本当に怖いんです。
 娘でなかったら再起不能でしょう。
 多分、彼はもう戻ってこれないと思います。娘でも、怒鳴り声がトラウマになってるのに。
 綺麗な分、恐ろしさ倍増。
 ホラー映画なんか問題じゃなくなります。
 ……どうしてあれがモテるのか、謎は深まるばかりです。


ランキング参加中
今後はストーカー記録ではなく、ロマンス記録になりそうです。
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/22 21:41 | コメント(2)TRACKBACK(0)  TOP

彼らのヴァレンタインⅢ そしてすべては国境を越えて……

(これまでのお話)
 ヴァレンタインを何だと思っているのか、母は日ごろ色々と(多くは意味の分からない品々)を贈りつけてくるストーカー・Mr.ロマンスにヴァレンタインの贈り物としてカツオのたたきを贈った。
 だが、外国人(イギリスとフランスのハーフ)であるロマンスは間違った食べ方をしていた。
 母は面倒くさくなって、とにかく切って食べろと彼にアドバイスをしたのが……


 またもロマンスからメールが来た。

ロマンス『たたきは、縦切り? 横切り?』

 il||li_| ̄|○il||li
 そうきたか!

 受けとった母は、とても面倒くさくなって……

ママ『縦切り

 嘘を教えやがった!! 
 ∑( ̄□ ̄;)

 なんで三十センチくらいあるカツオを縦に切らないといけないんだよ!? 
 長いよ。
 断面が細長いよ!!
 しかも肉がつぶれるんじゃないかと。そういう切り方は。
 そして、素直なロマンスはあっさり信じた。

 ところでこのロマンス、イギリス人とフランス人のハーフと聞いていたのだが、苗字とか言動を考えるとどうも、イタリア系イギリス人とフランス人の間の子どもで日本育ちらしい。
 インターナショナルだ。
 だが、変だ。
 どういう化学反応がおきれば、このような不可思議な人物が出来上がるのだろうか。
 閑話休題。

 それはともかくとして、事件は解決したはずだった。が、流石はロマンス。それでもまだ終わらない。
 その夜、ロマンスからメールがきた。

ロマンス『たたきをごはんで巻いたよ。あははw カリフォルニアロールだ

 巻き寿司ネタからはなれろ!!

 そして……お前は何人だ!?

 イタリア系イギリス人とフランス人のハーフで日本育ちの男が、カリフォルニアロールを作る。
 国際的すぎて頭痛がする。
 ずきずき
 イタイ痛いイタい
 いろいろとイタい。
 しかも、カリフォルニアロールとは違うだろう。

 縦切りのカツオたたきを入れただけの巻き寿司はカリフォルニアロールとはいいません!

 ああ異文化の壁を感じる。
 みなさん、外国人には正しい日本文化を教えてあげてください(切実


ランキング参加中
よかったら、ぽちっと押してやってくださいまし
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

テーマ : バレンタイン
ジャンル: ブログ

2007/02/21 22:51 | ロマンスコメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

彼らのヴァレンタインⅡ あきらかに騙されている人

(これまでのお話)
 ヴァレンタインをお世話になっているひとにモノを贈る日と認識している母は、今までの迷惑なものを多々含む贈り物のお返しとして、ヴァレンタインに贈り物をすることにした。
 ところが、チョコを送るとややこしくなりそうなので、Mr.ロマンスにはカツオのたたき(二本セット)を贈ることにした。


 生臭い……
 今更ですが、ストーカーその2(最近では唯一まともな活動をするストーカー)にロマンスなんて仮名をつけたのは失敗だったと思っています。
 初期のロマンスのカケラも残っていません。
 ロマンチックもメルヘンも、今では大空のかなたです。なんか光の勢いで飛んでいっています。
 光の速さで進んでいくならまだ格好もつきますが、どっちかというと光の速さで地に落ちている感じです。
 これも母の魔力でしょうか。
 それはともかくとして、一日ずらして母はカツオのたたきをロマンスに贈りました。色気の欠片もありません。
 そして、ロマンスからお礼のメールが来ました。

 電話着信音

うさぎ「はい? なに~♪(楽しみにしていたゲームが発売したのでものすごく機嫌がいい。こういうあからさまに機嫌がいい日は年に数日しかない)」

ママ「…………どうしたの?(どんびき)」

 電話をかけてきたくせにどんびき。しかも「どうしたの?」
 普段、どれだけ機械うさぎが非社交的で無愛想かがよくわかる。自己弁護させてもらうと、無気力と対人恐怖症のなせる業なのだが。

うさぎ「今、すっごく機嫌がいいの♪」

ママ「そのようね。私は具合が悪いわ」

うさぎ「? 風邪?」

ママ「違う。頭が痛い。困ってるの」

 また熱血ラブコールでも来たのだろうか。その歳になっても周囲が華々しくて素晴らしいことだ。
 幸い、気概を加えてくるタイプのストーカーでもない。

ママ「ロマンスからメールが来たんだけど……どうすればいいのか」

 以下、メール内容要約

ありがとう。
カツオのたたき、美味しく食べさせてもらったよ。
作法どおり、カツオのたたきを一本そのまま恵方の方角を向いて切らずに叩きながら、食べたよ。
恵方は僕が南が好きだから、南を向いて食べた
美味しかったけど、大変だった。


 …………
 ……………………
 どこから突っ込めばいいんですか!?

うさぎ「だ、騙されてる……それ、絶対だれかに騙されてるよ!!」

ママ「日本歴20年弱なのに……」

うさぎ「訂正してあげようよ! それ、節分とちゃんぽんになってるよって!」

 っていうか、普通たたきは薄切りで店頭に並んでるだろ。
 贈ったのは一本そのままだが。
 太巻きだって一本そのまま食べるのは大変なのに……たたきをどうやって……
 あ、まてよ。太巻きも平時は輪切りで売ってるからいいと思ったのか?
 ああ、もはや突っ込みが追いつかない。

ママ「今年の恵方は……なんだろ」

うさぎ「北北東だっけ? っていうか、ロマンス、恵方をええ方(良い方角)だと思ってない!?

 疑問系で聞いてみるが、考えるまでもなく思っている。
 そうでなければ、自分の好きな方角など向いたりしないだろう。

うさぎ「でも……ああ、何で、なんで叩くの!?

ママ「たたきだからじゃないの?(投げやり)」

 うさぎのテンション急降下。
 本当にめずらしい、心から機嫌のいい日が台無しになる。

うさぎ「はっ、まさか踊り食いも踊りながら料理を食べることだと思ってるんじゃ……」

ママ「かもねえ……もう訂正する気力すらないんだけど」

 そりゃあ、そうだ

うさぎ「訂正しないと、今後もこれが続くよ。とりあえず、簡単なところだけでいいから」

ママ「……うん」

 その結果、母が送ったメール
ママ「たたきは切っていいんだよ

 省略にもほどがある!!

≪まだ続くよ≫


こちらもよろしく。
目指せ、上位(笑
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ


テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/20 19:51 | ロマンスコメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

彼らのヴァレンタイン

 ちょっとふるい話ですが、2月最大の行事とはなんでしょうか。
 多分、今ではヴァレンタインデーだと思います。日本の伝統である節分より、華やかなヴァレンタインのほうが、盛り上がります。
 ついでに企業の企画も華麗に盛り上がります。
 そして、勝ち組と負け組みと無関心層ができあがります。

 それはともかくとして今年もヴァレンタイン、あちこちの企業が様々な商品を販売して盛り上がりましたね。
 色気とは無縁の機械うさぎは、今年は友達も帰省していたし、自分のぶんだけチョコを買っていました。チョコって美味いよね。
 そして、母は……


 2月12日。
 久しぶりに顔を合わせた娘に母は言いました。

ママ「ロマンス、バレンタイン欲しそうなのよね」

うさぎ「放っておけ

 仮にもストーカーはストーカー。
 危険を避けるにこしたことはない。個人的には、それを実行した場合のホワイトデーに起こるであろうイベントが滅茶苦茶楽しみなのだが……
 さすがにそんな理由で母親の身を危険にさらしては、親不孝のそしりを免れることはできないだろう。

うさぎ「気にしなくていいんじゃないの?」

ママ「でも、送り返してるのがほとんどとはいえ、いろいろ貰ってるし……もらったお返しはしないと」

 母よ、それは一般的にお歳暮返しと呼ぶ

 やっぱり変だ。なにか、感覚がおかしい。

ママ「あ、でもチョコ上げると舞い上がるしなぁ」

うさぎ「それはそうだろうね。それはもう天のかなたまで

 母の心理としては多分、そのまま帰ってこないのが一番いいんだろう。
 ブログ的には困るのだが。

ママ「うん、日にちずらして15日に贈ろう」

うさぎ「チョコを? お菓子を?」

ママ「チョコはちょっとな……他に何か……」

 ここで鴨肉とか贈ったらちょっとした嫌がらせだよな。

ママ「そうだ。カツオのたたきにしよう!!


 …………
 ……
 ……なんて生臭いヴァレンタインだ!!

≪続くよ≫

ちなみに機械うさぎは、ほぼ毎年、女の子にチョコを上げるか女の子から貰います。
本命にあげたことはありません。
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

テーマ : なんでゃねんッッ!!!
ジャンル: ブログ

2007/02/19 16:19 | ロマンスコメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

鴨の名前

(これまでの話)
 唐突に贈りつけられてきた「合鴨」と書かれた箱。
 その中には、鴨肉ではなく生きた合鴨が収められていました。勿論、母は送り返し、食用だったその鴨はロマンス家が飼われることに……


 食べちゃ駄目、とメールで釘をさしたところ、電話がきた。

ロマンス「君がそういうなら、食べないよ。僕が飼うことにする。名前は鴨さんね

 適当にも限度というものがある。
 あまりにもいい加減な命名に母は怒った。

ママ「鴨? 鴨の鴨さん!? 新撰組かよ!!」

ロマンス「しんせんぐみ? って何?」

ママ「幕末の剣客集団よ。そこの初代局長が芹沢鴨っていって……」

ロマンス「じゃあ……芹沢さんだね

 そうきたか!!

 電話終了後、母は機械うさぎに連絡。

うさぎ「もしもし?(読書中だった)」

ママ「鴨ね、芹沢さんだって」

うさぎ「はい?(本当に意味が分からなかった)」

 母は詳細を語った。聞き終えた機械うさぎは、

うさぎ「芹沢さん……芹沢暗殺現場の屯所跡なら行ったことあるよ。あと、風雲幕末伝(PS2のゲーム)で暗殺したなぁ、芹沢さん」

ママ「そのまますぎるのよ、あの男」

うさぎ「そうだよね。どうせなら、局長とかつけるべきだよね。あ、でも局長はどっちかというと近藤さんか。そうだね、他に鴨っていうのが姓名につく人物は……(略)」

 機械うさぎ一家は歴史好き。いろいろマニアックな知識さえ、ナチュラルに出てくる。

ママ「局長……」

うさぎ「でも局長っていって思い浮かぶのは近藤さんのほうでしょ」

ママ「それいい!!

 ……いいんだ

ママ「ちょっと、それ勧めてくる!」

うさぎ「あ、待て余計なこと」

 ブチ ツーツーツー(回線切断)

 …………どうしよう

こちらもよろしく
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/16 21:38 | ロマンスコメント(1)TRACKBACK(1)  TOP

華麗なる一族

 先日、入院している祖母の見舞いにいってきました。
 機械うさぎと母と父で。
 私の家族は大変目立つ容姿をしているため、入院先の病院では全フロアの全スタッフが顔を知っています。そればかりか、見舞いにいくとさり気なく他の患者やスタッフが見に来ます。
 前回は、母とうさぎ、姉上が見舞いにいったところ激しく目だっていました。

母:モード系不老美女。漫画Dグレのエクソシストの制服に似たコートを着用。
姉上:最新ブランドファッション誌のような服。白と桃色ベース。
うさぎ:ケープつきコートに帽子の完全なるゴシックロリィタ。

そして、今回は
母:風神雷神ジーパン・鯉のTシャツ・和洋折衷コート
父:スーツ・小太り・白髪・学者オーラー
うさぎ:黒のミニスカ・オーバーニーソックス・錬金術師みたいなジャケット。

 もうわけが分からない

 これを何の予備知識もなくみて、親子と断言できるひとはあまりいないだろう。
 和洋折衷スタイル・学者系スーツ・錬金術師の取り合わせで見舞いをし、ナースステーションに挨拶して帰宅。
 次の日も顔を出しに行くと、

祖母「昨日、看護師さんに華麗なる一族ですねって言われたよ


 …………
 ………………
 ……褒めてねぇ!!

華麗なる一族ってたしか悲劇だよね。
こちらもよろしくFC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ


テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/15 11:32 | 家族の話コメント(0)TRACKBACK(1)  TOP

狩猟民族の魂

(これまでのお話)
 ロマンスから「合鴨」と書かれた荷物を受け取った母。鴨肉を贈ってきたのだと思って箱を開けると中からは、なんと生きた合鴨が。
 慌てて送り返した母。そして、ロマンスは……


 合鴨の姿が見えなくなったのを確認してメールを打った母。
ママ『ロマンス、合鴨はいらない。送り返すよ』
 ロマンスの返事、

美味しくなかったの?

 やはり食用だったか!!

 流石は狩猟民族。
 生きたままの肉を贈ってくるとはナイスセンスだ。だが、現代の日本人のほとんどが、生きた合鴨を解体するスキルはもっていないと思うぜ。
 っていうか、好きな女がにこにこと合鴨を絞めて解体するスキルを持ってていいのか!?
 私だったらそんな女は嫌だ。とても嫌だ。
 とにかく返事を打つ母。

ママ『舐めてないから分からない

 なんでやねん!!
 そこでなんでそういう言葉が出てくるんだ!?
 多分、味見はしていないとかそういう意味のことを言いたかったのだろう。きっと。
 そして母は機械うさぎに電話。

うさぎ「もしもし? 何? 今、風呂だったんだけど」

 毎回タイミング悪く電話してくる母。悪びれもせず、

ママ「あら、じゃあ今裸なの?」

うさぎ「いや、黒のレースとリボンの……ってそうじゃなくて、何か用? できれば後にして」

 五分後、改めてかかってきた電話で詳細を聞く。

うさぎ「今思ったんだけどさぁ、送り返したら、鴨食われるんじゃねえ? ロマンスに」

ママ「え? あ、そうか。どうしよう!?」

うさぎ「メールで『可愛くて食べられなかったの。食べないであげて』とかいえば。少なくとも、『舐めてない』よりは意味が通るし」

ママ「なんであんなメール打ったのかしら? 私」

うさぎ「うん。どっちかというとこっちが聞きたいね」

 とても聞きたい。まあ、意味不明発言は今に始まったことじゃないが。ロマンスよ、こんな女のどこがいいんだ?

ママ「じゃあ打っておく」

うさぎ「早くね。手遅れにならないうちに

 さて、間にあうといいけど。

合鴨は美味しいと思う人、クリック
FC2 Blog Ranking

テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/14 22:00 | ロマンスコメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

食料Ⅱ

(前回のお話)
 ロマンスから贈られてきた大きな荷物。
 中身は合鴨と書かれている。さては以前かも鍋が好きだと言ったのを覚えていて、鴨肉を送ってきたのか、と母が箱を開けると……
 なにかと目があった。

ママ「…………」
??「…………」


 合鴨丸ごと(生きている)


 足と羽、くちばしを固定された合鴨が、まぶしそうに目を瞬かせている。暗い箱の中から急にあかるいところに出たのでまぶしいらしい。

かも「……(ぱちくり)」
ママ「……(ぱちくり)」

 同じ瞬きでも意味はぜんぜん違う。
 そっと触ってみると、緊張しているのか鴨は堅かった。

 わー合鴨間近で見たのって初めて~☆(現実逃避)

 じゃなくて、そうじゃなくて!!
 見つめる母、見つめ返す鴨。鴨のほうは、危機感がまったくない。なにが起こっているのか理解できないようだ。

 何が起こってるか理解できないのは、こっちのほうだ!!

 母、ゆっくりと居間へ向かい、
ママ「もしもし、や●とですか? 荷物をとりにきてほしいんですけど」
 即、返品。
 静かに、不思議そうに首を傾げる鴨を箱に戻し、再梱包する。

 何もなかった。
 私はなにも見なかった!!(自己暗示)

 数十分後、クロ●コ●マト到着。

配達員「大きいですねえ。中身はなにですか?」

ママ「生物です」

配達員「いきもの……」

ママ「慎重にすばやくお願いします」

 変な家だと思われただろうな、きっと。

≪まだまだ続くよ≫

合鴨に驚いたひと、ぽっちとよろしく
FC2 Blog Ranking

テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/14 11:47 | ロマンスコメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

食料

 でかい荷物がきた。

「宅急便です」

 宅急便のある風景=日常
 ちょっと嫌だ。
 いつものように、ささっとサインをして受けとる母。見ると、

 合鴨

 と書いてある。
 合鴨……鴨肉か。そういえば、かなり前にかも肉が好きとか言ったような……
 でもなぜこんなに大きいのか。

 パカ(開けた音)

 目があった。

≪続く≫


こちらもよろしく
FC2 Blog Ranking

テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/14 00:20 | ロマンスコメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

どピンク

 久々にMr.肉の話でも。

 今は昔。
 肉と母は同じデパートで働いていた。というか、母がパートで肉はたしか係長か何かだった。
 当時、まだ肉のストーカー行為が表面化する前、母は肉を男前でひとのいいよい上司だと思っていたらしい。
 馬鹿め。そのままおとなしくしていれば、いい人として記憶に残ったのに。それとも、「いい人」っていうのは一番辛い位置なのか?
 それはともかくとして、ある日、肉が薄いピンクのシャツにスーツを着てきたことがあった。それを見た母は、

ママ「あ、●●さん(肉の本名)、色が白いからピンク似合いますね」

 と褒めた。
 肉はとても嬉しそうだった。
 翌日、肉は心持色の濃いピンクのシャツで出勤した。

ママ「今日も色つきなんですね」
肉 「変ですか?」
ママ「いいえ」

 その翌日、肉は普通にピンクのシャツで出勤してきた。

ママ「…………」

 そのまた翌日、肉は濃いピンクのシャツで出勤してきた。

ママ「………………」

 さらに次の日、もっと濃いピンクのシャツで彼は出勤してきた。

ママ「………………」

 そのさらにさらに次の日、彼はショッキングピンクのシャツで出勤してきた。

上司「こら、●●! お前なんて格好で出勤してるんだ!?

 怒られた。

ママ「(変なひとだな)…………」

 単純純粋一直線は、かならずしもよいことではない。


最近順位落ち気味です。
また上りたいな。
FC2 Blog Ranking

テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/09 00:36 | コメント(3)TRACKBACK(0)  TOP

鯉と恋

 インターフォンが鳴った。
 今日はすでに風神雷神ジーパンが届いている。ほかに届け物の予定はないはずだ。きっと、多分、おそらく。

「宅急便です」

 一日何回も荷物を運ばされる宅急便配達員も大変だ。しかも市内同士だから、たいしたもうけにはならないだろうし。
 さっさとサインを済ませ、荷物を受け取る母。軽い。
 開けてみると、

 鯉の柄のTシャツ登場

 胸に二匹、背中に一匹、リアルな鯉が泳いでいる。
 合わせろと? これを風神雷神と合わせろということなのか!?
 携帯電話を確認すると、

『未読メールが一件あります』

 メールfromロマンス
『この鯉のシャツ、ぜったいあのジーパンにあうと思うんだ。おそろいだよvv』
 なんというか、

 いろいろな意味でどこにいくつもりだ、ロマンス

このセンスが理解できない仲間、ぽちっとよろしく
FC2 Blog Ranking


テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/08 21:57 | ロマンスコメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

風神雷神

 最近、父は朝早い。
 忙しいらしく、朝早くでかけていき、夜遅くにもどる。だからこそ、ストーカーのことが露見していないわけだが。
 ……別に露見してもいい気がするけど。

 ピンポーン
「宅急便です」

 そんな父を送り出して気をぬいた瞬間を見計らったかのようにインターフォンがなる。
 今日も荷物がやってきた。
 もともと荷物が普通の家よりよく来る環境の機械うさぎの実家は(機械うさぎと姉上がよく通販やネットオークションを利用していたため、以前は荷物が多かった。今はストーカーからの荷物)、再配達の際に名前を言えば、荷物番号とか言わなくてもすぐに相手が了解してくるほど、宅急便・ゆうパックの間では有名人。
 だが、5階。
 エレベーターはない。
 有名になった主な理由はおそらく、できるだけ行きたくない宅配先ということでだろう(予想)
 荷物を受け取る母。
 fromロマンス
 予想通り。

手紙
『店先で見つけたんだ。もう二つしか残ってなくて。サイズがそれしかなかったから大きいかもしれないけど、とても素敵なんだ。僕とおそろいだよ』

 ペアルックかよ!!

 そして箱の中から出てきたのは、
ママ「…………」

 風神雷神柄ジーパン

raijin05_1.jpg

↑風神雷神

 右足太ももに雷神が、左足ふくらはぎに風神がそれぞれいる。
 風神雷神のペアルック。
 メンズ。
 たしかに中々ないし格好いいかもしれないが、女に贈るものではない。ロマンチックはどこにいった? Mr.ロマンス
 そして、母は

ママ「すごい! 格好いいvvvvvv」

 って、喜んじゃうのかよ!!∑( ̄□ ̄;)

 やはり、肝心な部分がおかしい。
 母上様、流石ですb
 そして思わず受けとった上に、お礼まで言ってしまった母。
 はい、勘のいい読者は気づいたことでしょう。
 そう、母は忘れていたのです。

 ストーカーはすぐにつけあげると

≪続く≫


風神雷神ジーンズ、ほしい人と欲しくないひとどちらもよろしく
FC2 Blog Ranking

テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/08 17:52 | ロマンスコメント(2)TRACKBACK(0)  TOP

BLな世界

(これまでのお話)
 なぜか唐突にオカメインコを母に送りつけてきたMr.ロマンス。
 当然のようにそのインコは返却され、ロマンスが飼うことに。
 ロマンスは、「オカワリ」が口癖のそのインコにごはんという名前をつけて飼い始めた。

名前:ごはん
種族:鳥類 オカメインコ
性別:メス
好物:ご飯
口癖:「オカワリ」



 まるでそれが自分の義務だと思っているかのように、毎日、ロマンスから報告が来る。
『今日はごはんと一緒にごはんを食べた』
『ごはんは今日も元気だ』

 うん、誰も聞いてないから

 そんなごはんに大事件が。

ロマンスメール
『ごはんはメスだった。だから、お婿さんを二羽買った』

 なぜ二羽も?
 相変わらず予想の斜め下をいくロマンス。
 どうやら、オスを二羽買ってきて仲良くなったほうとつがいにしようとした模様。
 さっそく親ばか現象が起こっている。っていうか、昨日はめげていたくせに立ち直りはやいな。
 母、機械うさぎに電話。

うさぎ「はい、もしもし(ネットサーフィン中)」

ママ「なんかね、ごはんがお見合いしたんだって」

うさぎ「……増やすの?」

 相変わらず、ロマンスの行動はよく分からない。

うさぎ「……オカメインコって一説によると20年生きるらしいよ」

ママ「20年!? 20年間『オカワリ』って言われ続けるってこと!?」

うさぎ「大型インコとか100年生きるのもいるらしいよ」

ママ「なんかゾウガメみたいね」

 まさしく鶴は千年亀は万年。

ママ「ロマンス、どうするのかしら?」

うさぎ「さあ? それに発情期でもないのに見合いさせてもねぇ」

 そして、ロマンスから結果報告が!

ロマンス
『仲良くなったほうとごはんを一緒の籠に入れてあげようとしたら、オス同士がラブラブになっちゃった。ごはん、ふられた』

 ……………………………………
 …………………………………………
 ………………………………………………

 鳥がBL!?

 ペットは飼い主に似るというが……まさかね。

こちらもよろしく
FC2 Blog Ranking

テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/07 21:27 | ロマンスコメント(2)TRACKBACK(0)  TOP

初めて勝った気がした

 カウンタが気づいたら1000超えていました。
 ありがとうございます。



(これまでの話)
 Mr.ロマンスの新たなる贈り物としてやってきたのは何とオカメインコ。勿論、ママは速攻で送り返し、インコはロマンスが飼うことに。
 「オカワリ」が口癖のインコを≪ご飯≫と名づけ、飼い始めたロマンス。そして……


 メールfromロマンス
 今日も絶好調にメールが来る。だが、今回はいつもと様子が違った。

(いつも)
『おはよう。姫君は鳥の声で目覚めるんだよ』
*注 鳥を送ってきたときに本当にこういうメールが来た。

(今日)
『ごはんに「ごはん」と呼びかけた。「オカワリ」と返事が返ってきた。餌をあげて、「ごはん」と呼んだ。「オカワリ」と返って来た。もう一度「ごはん」と呼んだ。「オカワリ」と返って来た。なんだか、不毛です』

 ロマンスがダメージを受けている!?

 そう気づいて、とてもうきうきした気分になった母。そこに追加メールが、

ロマンス『もう、めげそう……』

 あの打たれづよいロマンスが!?
 やっほー♪ ヽ(゜□゜)ノ
 大喜びでママは機械うさぎに電話。

うさぎ「はい、もしもし(買い物中)」

ママ「聞いて聞いて~♪」

 ことの次第を詳細に説明される。

うさぎ「うん……そうなんだ(ちょっと迷惑)」

ママ「そうそう♪ なんか初めて勝った気がしたわ

うさぎ「戦いだったんだ!?

 そうか、これはストーカーvsママのバトルだったのか。
 機械うさぎ、唖然。
 しかも、どちらかというのそのダメージは自爆というか自業自得というか……ともかく、アンタが与えたものじゃない

ママ「そうよ。食うか食われるかなのよ!」

うさぎ「や、野生の王国!?」

ママ「あーすっきりした。気分いい~♪」

うさぎ「お母さん…………実はロマンスのこと嫌いだったんだね

 苦しむ姿が嬉しいとは。どういう嫌われようだ。
 好きの反対は無関心らしいから、それよりましなのかもしれないが……
 なぜか勝ち誇る母。
 ああ、さっさと買い物をして帰ろう……

ママ「苦しめ! ロマンス!!」

うさぎ「…………」

 ロマンス、もうあきらめたほうがいいよ。

共感したらぽっちっとよろしく
FC2 Blog Ranking

テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/06 19:52 | ロマンスコメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

やつが来た!!Ⅲ

(これまでのお話)
 母に鳥篭とオカメインコを贈ったMr.ロマンス。
 しかもインコの口癖は『オカワリ』。
 速攻で送り返した母の元にメールが届く。

ロマンスメール
『分かった。君の代わりにこの子は僕が育てるよ。名前は『ごはん』にしたよ』


il||li_| ̄|○il||li
 母、脱力。名前のセンスがありすぎる。
 なんだか疲れた母は機械うさぎに報告。

ママ「というわけで、ごはんだってさ」

うさぎ「いい名前じゃん。ぴったり」

ママ「本気で言ってるの?」

うさぎ「え? 良くない?? それに鳥いいな」

 機械うさぎは動物好き。
 休みの暇な日は近所の川原で、トンビの餌付けを敢行している。最近は1mの至近距離まで来てくれるようになった。

ママ「え、あんた鳥好きなの?」

うさぎ「好きだよ。懐くし」

 機械うさぎは、鳥類と爬虫類に懐かれ、哺乳類に嫌われる特性を持つ。特に社会性の高い動物には嫌われる。意味が分からない。

ママ「そっか。てっきりアンタが好きなのはトンビかカラスだけだと思っていたわ」

うさぎ「何、その偏見!?

 実の娘になんてことを。
 どこの世界に猛禽類やカラスにのみ愛情を注ぐ女がいるんだよ?
 いや、いるかもしれないけど。

ママ「それにしても、アンタ、名前付けのセンス、ロマンス並みね。それってアマチュアとはいえ作家としてどうよ?」

うさぎ「やかましいわ!!

 *注 機械うさぎの趣味は小説

ママ「他にもメールが来ていたわ。えーと『ごはんとご飯を食べた。ごはんはご飯が好きだ』」

うさぎ「何、その新手の早口言葉みたいなメール?」

ママ「さあ?」

まだまだ続く、インコ編


気に入ったひとはぽちっとよろしく
FC2 Blog Ranking

テーマ : ((´・A・))=з
ジャンル: ブログ

2007/02/05 18:44 | ロマンスコメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

やつが来た!!Ⅱ

(これまでの話)
 前回、不審な鳥篭が贈られてきた母。
 がさごそと音を立てる箱の中身はいかに。

 高さ十センチ以上の白い箱。
 かすかに震えている。そして、表示は生物。

 間違いない 生物(いきもの)だ!!

 鳥篭だから、これは鳥だろう。
 どうせ、ロマンスのことだから幸せの青い鳥とか入れてるに違いない。
 あきらめとともに箱を開けると、

 登場 オカメインコ

4416702345.jpg

↑オカメインコ

 ∑( ̄□ ̄;)????????

 なぜオカメインコ!?

 意味が分からない。また、目があったとかそんな感じだろうか。

ママ「……………………」

インコ「………………オカワリ」

ママ「…………は?」

インコ「オカワリ、オカワリ、オカワリ!」

 喋った!?∑( ̄□ ̄;) しかも

 よりにもよって『オカワリ』ときたか!!

 バタン(箱を閉じた音)
 がたがた(箱をつめなおしている音)
 バタン(荷物を出しに言った音)

 滑らかな動きで荷物をまとめ、送り返す。思考は停止していても、脊髄反射だけで送り返せる(いらないスキル)
 オカワリを連呼するインコは、速やかに買い主のところに送り返された。
 そして、夕方メールが

≪続く≫

このインコ、ほしい人もほしくないひともポチっとよろしく
FC2 Blog Ranking

テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/05 00:48 | ロマンスコメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

やつが来た!!

 クソ寒い冬の日。
 今日も今日とて、インターフォンがなる。

「宅急便です」

 しかし、宅急便の配達員もさぞかしら不審に思っているだろう。この荷物がやたらと届く家を。
 芸能人のごとくさっさとサインをすませ、受けとる母。しかし……

 でかい

 かなりデカイ。今度はなにかとびくびくする。
 宛名のところを見ると、やはりMr.ロマンス。そして中身は、

生物


 ……まさか、またなめこが?(*愛のバイク便参照)
 なめこ地獄の恐怖が甦る。
 そもそも、なぜ自分は荷物を受け取るというだけでこんなにびくびくしなくてはならないのだろうか、というかお父さんいなくてよかったこんな大きいもの言い訳できないよ、いや待て中身によってはすぐさま送り返さないと……
 いろいろな思考が脳内を渦巻く。

 厳重なラッピングをはがすと現れたのは、アンティークの鳥篭。
 直径約60センチ
 程よく色落ちして、シックな感じになっている。
 非常に繊細な細工

 ママ、一目で心を奪われる。
 衝撃吸収のためか、篭の中は薄ピンクの紙がぎっしり入っており、その中心に箱がある。白い箱だ。

 がさがさ

 ……何か動いた

 ………………………………………………………………
 ………………………………
 ………………………………
 まさか……まさか、あの表示は………………………………


 生物(いきもの)!?

≪続く≫

続きがなんとなく予想できたひと、クリック
できないひともクリック
FC2 Blog Ranking

テーマ : ∑(゜□゜;;)ナニー!!
ジャンル: ブログ

2007/02/03 19:44 | ロマンスコメント(2)TRACKBACK(0)  TOP

おいていかないで

 最近客の数が落ち込んでいます。なぜでしょうか。
 さて、最近ネタが微妙なロマンスからまたメールが来ました。

 電話着信音

うさぎ「はい、もしもし(郵便局)」

ママ「もうヤダ……」

 テンション低っ!
 実はブログとか作っておきながら、最近、長電話に飽きてきた機械うさぎ(まて)、今度はなにかと身構える。

うさぎ「荷物きた?」

ママ「メール着たよ」

うさぎ「ちっ、つまらん」

ママ「何か言った?」

うさぎ「ううん。で、なんて着たの?」

 どうせまた、薔薇とか仮面とか百万とかだろ。

ママ「『僕をおいていかないで』」

 携帯電話、ATMの画面に落下
ATM「画面の上にものを置かないでください」
 分かってるわ! そんなこと!!

うさぎ「何があった!?」

ママ「いや。私も何事かと思ったんだけど……送信ミスっぽいわ」

うさぎ「ミスかよ!!

 しっかりしろ、Mr.ロマンス
 しかしミスだとしても……何を送ろうとしたんだ!?

ママ「詳しい説明抜きで送ったから意味不明になったみたい」

うさぎ「まあ、たしかにその文面から意味を読み取るのは難しいよね」

ママ「ちゃんと補足がきたよ。どうも事務所で居眠りしてるときに私がどっか行っちゃう夢をみたらしいの」

うさぎ「どっからつっこめばいいの?」

 居眠りか、夢か、メールか。
 さすがはロマンス。突っ込みすら許さないとは強敵だ。

ママ「行かないでというか、始まってすらないのに何言ってるんだろう?」

うさぎ「ストーカーだから。忘れてるみたいだけど、やつはストーカーだから!!

 それにしても……

 まさに夢と現実の区別がついていないil||li_| ̄|○il||li


 こちらもよろしく
FC2 Blog Ranking

テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/02 22:29 | ロマンスコメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

ベネチアからきた

 今日も今日とてチャイムが鳴る。

「宅急便です」

 fromロマンス
 すでに日常の一部になりつつある荷物。嫌な日常だ。
 開けてみると、

 登場・ネコの仮面

 ∑( ̄□ ̄;)
 お面ではなく仮面。縁日で売るようなちゃちぃものではなく、本格的な芸術品。ネコを模ってあるらしいが、もうネコとかどうでもいい感じ。なんか悪役が被っていそうな高級感あふれるお面。
 なぜお面?

 まさか先日の『百万の仮面~(略)』のメールとかけているのか!?

 嫌すぎる。
 しかも、母はその緑の仮面に見覚えがあった。
 居間の飾り棚の上。
 ガレのランプとネコを描いた絵の間にそれはある。

 紫のネコの仮面。ベネチア在住の作家が作った一品……

 ……似てる? でも、まさか
 恐る恐る、仮面を裏返してみる。そこには、

 同じサイン

 il||li_| ̄|○il||li
 同じ人の作った作品だ。
 イタリアのヴェネチア発。海を越えてやってきた二つが、今、再びこの極東の地でめぐり合った。
「ああ、アナタ……アナタなのね!?」
「そうだ。僕だよ。会いたかった、ベアトリーチェ(仮名)!」
「もう離さない!」
「僕もだよ!! もう君をどこにもやらない!」
「ロレンッツォ(仮名)!!」
「ベアトリーチェ(仮名)!!」

 脳内劇場終

ママ「マジで!?」
 つまり、ストーカーとセンスが同じ。
 ママ、絶望的な気分になる。いっそ返そうかとも考えるが、

 ストーカーとおそろいの仮面を持っているのは嫌

 という判断により、返却しないことになる。

こちらもポチとよろしく
FC2 Blog Ranking

テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/01 21:19 | ロマンスコメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

そういえば

 機械うさぎの母以外の家族の話をしていなかったので。
 家族は4人です。

母……いわずともな。

機械うさぎ
毒にも薬にもならない中流私立に通う大学生。ゴスロリ女で、プチおたく。病んでいるという意味ではもっとも病んでいる。ひきこもり気味。基本的に黒い服しか着ない。たまに赤かったり白かったり。


機械うさぎの姉。有名大学大学生の大和撫子。日本文化をこよなく愛する。ちょっとだけオタク気味。理想の男性は松平容保。普段の服は白と桃色が中心。


機械うさぎの父。頭の上の希望はすでに尽きる寸前。ふけ顔のためか、最近は妻といると親子に見られるのが悩み。学者。現役で作業をするため、結構適当な服を着ていることが多い。

 そんな我が家の家族団らんは、意味不明な集団にしか見えません。だって、互いに全然似ていないんだもの。服の趣味もバラバラ。

 共通点はなにかがずれているということでしょうか


テーマ : 
ジャンル: 

2007/02/01 20:08 | 家族の話コメント(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | ブログTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。